読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺人内閣 苦訴心臓 21

殺人内閣 苦訴心臓

 倒首 苦訴心臓の考え

早く戦争になぁ~れ。

戦争こそ、究極のクソノミクスだ。

 

苦訴心臓の演説は。

戦争こそ、何よりの経済対策で...あります。

戦争で、何百万人もの国民が死のうとも、

私にとっては、全く関係の無いことなので...あります。

私は最高指揮官で...ありますから、

安全なところから戦争を指揮し、私が死ぬことは...

ありません。

 戦争特需。これで企業は大儲け。そして...

私の懐も、大儲け。なので...あります。

その代償が、国民の命であっても、

全く意に介す必要は無いわけで...あります。

国民の生命、財産よりも、私のカネ儲け...で

あります。

 

 そのための戦略はこうだ。

アメリカにる北朝鮮攻撃を支持していると伝えている。

いかなる犠牲を出そうとも、

そのための支援も申し出ている。

多くの国民が命を落とすことは、やむを得ないと考えている。

もちろん、集団的自衛権もだ。

 

日本を取り巻く外国の首脳はどうか。

トランプ大統領は、中国の習近平と密約ができている。

中国にとって、今の北朝鮮の指導者はには困っている。

ホンネでは、なんとかして欲しい。

中国は、北朝鮮の緩衝地帯さえあれば、指導者にはこだわらない。

国連安保理決議の行使を緩くやりつつ、

アメリカが攻撃するのを待っている。

まず、中国の利益はこれで確保。

 

アメリカは、北朝鮮を潰すことで、戦争特需による経済効果。

北朝鮮を潰すことで、将来的な安全保障の確保。

そして支持率のアップ。

 

日本にとっては、どうか。

倒首 苦訴心臓にしてみれば、一石三鳥の美味しさだ。

戦争特需による、クソノミクスの補完。

将来的な安全保障の確保。

ここまでは、アメリカと同じ。

 

3つ目のアメ玉は。

沖縄を潰すこと。

政府の政策にことごとく反対する翁長知事。

沖縄が北朝鮮のミサイルや爆撃による攻撃で、

反対勢力を一網打尽にしてくれれば、

これほど美味しいことはない。

そこには、沖縄県民の命など、コレっぽちも考える必要は無い。

自分の利益、国家の利益の為なら、国民の命ほど安いものは、

無いと考える権力者の思考は、今も昔も変わらない。

歴史は繰り返す。

 

 問題はロシアをどう説得するかが問題だろう。

北朝鮮を攻撃し、壊滅することでロシアが大きな利益を得ることが

できるのでれあれば、表向き反対しても、裏の密約で納得するだろう。

アメリカ、中国、日本の3国で、いかにロシアを納得させることが

できるかが、カギになりそうだ。

 

 日本が共謀罪を急ぐ理由。

それは、北朝鮮との戦争になったとき、

多くの難民が出ることが予想され、

一時保護し最終的には国外退去にさせようとも、

偽装難民』を潰す方策が必要だからだ。

 

難民に紛れて国内に侵入し、北朝鮮による工作活動や、

テロ活動を食い止めたい、がホンネでなないだろうか。

 

 なんにせよ、苦訴眠党 倒首 苦訴心蔵は、

国民のことなど意に介せず、大切なのは、

自分と自分の身内。自分の財産。

だけ。

 

そして苦訴心蔵は、『国家の利益のため』なら、

国民の命ほど安いものはないと、人命軽視で戦争し

国益を守ろうとするだろう。

 

そして自分たちだけ、安全なところで、

酒池肉林の宴で、のうのうとしている。

国民が飢え、命を落としている最中もだ。

 

あの忌まわしい第二次世界大戦、太平洋戦争と同じ構図だ。

こんなアホな指導者は、いらない。

 

殺人内閣 苦訴心臓

ブラック内閣 苦訴心臓

テロ内閣 苦訴心臓

苦訴眠党 倒首 苦訴心臓